東京自転車ライフ 行き着く先にあるもの
FC2ブログ
Think Japan
Loading…

スポンサーサイト

Posted by アウトサイダーFP6 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き着く先にあるもの

Posted by アウトサイダーFP6 on 05.2012 自転車マナー   4 comments   0 trackback
前回の記事の続きです。

前回の事故にあったロードバイクの写真、ツイッターやFacebookで拡散されています。

私のフォロワーの方も何人か拡散しており、コメントは概ね「飲酒運転は許せない」という主張だ。

無灯火の危険性に言及している人はいない。

まぁ記事をよく読まないとその事は記載されていないから仕方ない。

無灯火という事実に気づいても、飲酒運転の危険性の方が悪質でとりあげないのかも知れない。

受け止め方は様々だろう。


事故の後、「生命(いのち)のメッセージ展」が被害者が通っていた高校で開かれたらしい。

Tn20121104000901.jpg

被害者の親が「来場者に事故でなくなった人の叫びを受け止めてもらった。風化させないためにも自分が何ができるか考えてほしい」と話していた。

とリンク先の記事にある。


被害者の冥福を祈りたいという気持ちにウソはないし、飲酒運転は危険であるという認識も人一倍持っている。

だが・・

この展示会には違和感を抱く。

恐らく飲酒運転の危険性や命の尊さを訴えていることは容易に想像がつく。

そこはいい。

前回も述べたように、夜に無灯火でロードバイクに乗る危険性は訴えているのだろうか?

加害者をかばう気持ちは微塵もないが、「ライトが着いていれば気づくのが早くなり、もしかしたら避けれたかもしれない」という言い分は、理解できる。

なぜなら、ライトをつける目的はそのためにあるからだ。


「来場者に自分が何ができるか考えてほしい」

と述べているが、その言葉は主催者にこそ言いたい。


遺族は例の福岡の飲酒運転での被害者とも連携をとっているらしい。今回の展示会はNPO法人との共催のようだ。

これらのネットワークの行き着く先は、どこなのだろうか?


「事故の撲滅」だとは思わない。


たちの悪い圧力団体の一ちょ出来上がりと思う。

その団体が生む出すもの、それは「事故の撲滅」ではなく「冤罪」だ。

この場合の冤罪というのは、無罪の人が有罪になるというよりは、本来なら懲役2年程度が適当

と思われる罪状が10年とか最悪は死刑になるという意味である。

そのことを危惧してならない。


今後、残念ながら同様の事故は起きる。

その時、被害者がこの団体の力を得て必要以上の刑罰を加害者にあたえるようになるのでは?

そして、さらに団体の力は増す。


「加害者の人権ばかりに気を配り、被害者の感情は無視されている」

最近よく聞かれる言葉だ。

だが、被害者の感情や主張を絶対視する事も同様にあってはならない。



被害者の親族の方にはお悔やみを申し上げたい。

でも、この運動には賛同できない。

この場合、主張して欲しいのは、飲酒運転の危険性ではなく、夜に無灯火で自転車に乗る危険性だ。

それなら、事故の軽減に効果はあると思う。冤罪も生むまい。

この砕けたTREKのロードバイクの写真には、その力を強く感じる。



もしそれを主張したら自分側の過失を認めて、加害者側の過失を少なくさせると考えているならば・・・

被害者の死をムダにしている。

そう考えます。

スポンサーサイト

思う事があったので書き込みします。最近ロードバイクの人気が高いですね。それに比例して無謀な運転をする人が増えています。私は仕事で大型自動車を運転しているので特に感じるのですが、側道から本線に出るとき一時停止しないで飛び出してくる、自動車用の右折レーンに入って右折する、夜間は無灯火、赤信号は止まらない等、死にたいの?と聞きたくなる人が沢山います。自転車は車と比べると弱者になります。それによって、優先意識だけがさきばしってこのような行動になると思います。そこに無謀な運転をする自動車が走ってきたら、結果は容易に想像できます。もし、この被害者が無灯火で事故に巻き込まれたのであれば、気の毒ですが起こるべくして起きたとしか言いようがありません。自分の身は自分で守る。弱者で優先順位が上でも死んでしまえば反論すら出来ません。こんな世の中、私は被害者や加害者になら無いよう毎日最大限の注意を払って運転していまきす。
2012.12.06 02:51 | URL | nori #SFo5/nok [edit]
To:noriさん

コメントありがとうございます。

加害者にも被害者にもならない。

その通りですね。

全くの純然たる被害者も存在しますが、道路で動く以上は双方に過失は生じるものだと思います。

車を運転する際も自転車に乗る際も気をつけて乗りたいと改めて誓いたいです。
2012.12.06 22:02 | URL | 管理人 #- [edit]
無灯火だったのだろうか?尾灯はついていないように見える。
そこで私見だが、無灯火で走っていたとすれば、痛ましいが自己責任も問われるだろう。
自衛するためには、正しくルール遵守が基本だ。
僕は最近サイクリングなので、時間は急がない。
よって、交差点は基本的には二段階右折。
当然信号無視なんてありえない。
時に大きな交差点のみ、歩道部分を渡る。(もちろん安全確認の上)
いつの時も、後方確認が第一。
なるべく夜間は走らない。
雨の日もやはり走ることは避ける。
それにしても、酔っ払い運転は言語道断。
人間の知性と言うかレベルの低下は嘆かわしい。
2012.12.06 22:27 | URL | 文四郎 #- [edit]
To:文四郎さん

自分も夜間、雨の日は走りません。

飲酒運転は許せないですね。

対向車線に飛び出すほど飲んでから運転なんて・・



2012.12.07 22:26 | URL | 管理人 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://outsider1971.blog111.fc2.com/tb.php/409-7d318dfc

プロフィール

アウトサイダーFP6

Author:アウトサイダーFP6
ロードバイクにはまった九州男児サイクリストです。
スイーツや写真撮影目的のポタリングから乗鞍岳レースまで幅広く自転車を活用して日本中を駆け巡ります。

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム





インスタグラム

インスタグラムで投稿した写真です。。



各種ランキングに参加しています にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


ジオターゲティング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。