東京自転車ライフ 高ケイデンスの是非
FC2ブログ
Think Japan
Loading…

スポンサーサイト

Posted by アウトサイダーFP6 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高ケイデンスの是非

Posted by アウトサイダーFP6 on 19.2011 トレーニング理論   8 comments   0 trackback
練習方法を少し考え中

サイクリングタイムの記事を見たからである。

比較的、自分は他人より大きいギアを廻す。
クランクもコンパクトクランクではなくノーマルクランクを使う。
小さいギアをたくさんまわすより、程ほど重いギアをそれなりにまわすほうが性に合うと思っていたからだ。
乗鞍に出て考えが変わった。
ノーマルギアでも登れるがタイムが出ない。
詳しくは別の記事にゆずるが、次回はコンパクトクランクで勝負する。

そこで、少し軽いギアを早く廻し続けられる技術を身につけようと練習を始めた。
練習ではケイデンスは95~105くらいで走れるだけ走る。


だが、前述のサイクリングタイムの記事を要約すると…。

多くの人たちがランス・アームストロングのライディング能力を研究し、全てのサイクリストたちにとってケイデンスは95-100rpmがベストと(間違って)推定した。

出力100、200、300、400ワットのサイクリングの適正ケイデンスはそれぞれ57、70、86、99rpmであるという数字を示した。

これは、ケイデンスは95rpmを目指すべきであるという長年のアドバイスに疑問を投げかけるもの、なぜなら「それはプロがやること」だから。

110rpmまたは120rpmと、あまりにも高ケイデンスで走行しないこと。
あなたに400~450ワット出せる実力がない限り、ペダルを下に押すのでなくただ空気を下に押しているだけになる!


こんなとこである。
自分が何ワット出力できるかは分からないが、おそらく200ワット台であろうと思われる。
となると、70~80くらいのケイデンスで走るのが最適なのか?

練習で90回転以上で走ってもムダなのか?
記事の中には、こうも書いてある。

自分の出力に合ったケイデンスを選択すること。
エリート選手でない限り、85rpmを超えるケイデンスで走ってもあまり得るものはない。


うーむ、そうなのか。
いきなり練習方法を全否定された感じがある。

こんな事も書いてあった。

ペダルを踏む。それ以上特別に足の動きを分析しないこと。


DSC00998.jpg


よし、考えるのをやめようかな。
とにかく踏もう。

スポンサーサイト

ゴルフの話で恐縮だが・・・「百人のコーチまたは先生がいると、100の理論があるという」。自転車も多分に似たようなもの、人によって様々。
また日本に?「下手な考え休むに似たり」・・・というのもある。(笑)
まあ僕は煩悩の塊だから、いつもいろいろと考えているな(笑)
2011.09.20 22:40 | URL | 文四郎 #- [edit]
To:文四郎さん

>「百人のコーチまたは先生がいると、100の理論があるという」。

自分は自転車にはその考えが当てはまらないと思っています。
なぜなら、ペダルをシューズで固定されて廻すだけという制限がつくからです。
ゴルフや野球のように自由にスイングするのとは少し違うはずです。

というのが、ボクの考えですw
2011.09.20 23:52 | URL | 管理人 #- [edit]
難しいですね。
間違ったトレーニングさえしなければ間違いなく速くなる!
って言われたことありますが、正しいトレーニングってなんだ?
ま、確かに、踏むべし!
2011.09.22 15:42 | URL | たくちゃん #- [edit]
ゴルフも決して自由にスイングできるわけではないんです。
たかが玉うちでもそれなりに制約が・・・100通りのやり方が・・・
それぞれ、ペダルも違う、靴の大きさも、素材も違う。そもそも足の長さも違う。
年齢も、体力も違う。すべてに同じ方程式というか理論はやはりないのでは・・・と愚考するのだが。(苦笑い)
2011.09.22 21:15 | URL | 文四郎 #- [edit]
To:たくちゃん

>間違ったトレーニングさえしなければ間違いなく速くなる!

間違ったトレーニングが、また難しいんですよね。
何が間違いなのか?

ま、あまり深く考えずに踏むことかな?
2011.09.22 21:37 | URL | 管理人 #- [edit]
To:文四郎さん

>蒸し返すつもりは無いが、・・・

蒸し返し大歓迎ですよ。
ゴルフだとクラブを廻す角度や環は人によって千差万別。同じ人はいないでしょう。

ペダリング中の足の動きのパターンについての研究を見てみると、運動レベルに関係なく、全サイクリストの足の動きはかなり似通っている。これは、ランナーの脚の運びや水泳の自由形での腕の動きが千差万別であるのとは対照的だ。

と記事で書いてあるように、自転車と同じ土俵では考えにくいと思うのです。
2011.09.22 21:49 | URL | 管理人 #- [edit]
こんばんは、突然すみません。

乗鞍の初期の頃の優勝者は 39x18-21ぐらいで1時間切ってましたね。
15,6年自転車から離れて、2年ほど前から復帰したのですが、世の中
ケイデンス一色で驚いてます。 
知り合いは 34x28を 80回転ぐらいで回して、1時間と1-2分です。
同じぐらいの時間で登るに全く回転数が違いますね。

まあ、どちらにしても乗鞍1時間で登る人は私から見ればエリートです。

ケイデンスを考えるの止めました、速く登れるギヤを探っているところです。(笑)


2011.10.09 23:05 | URL | ume #I.GQJbc6 [edit]
To:umeさん

コメントありがとございます。
高ケイデンスが絶対の正義という風潮が強いので、その反論としてとりあげました。

でも乗鞍1時間で走れるなら、何でもいいというのが今の結論です。

自分も最適のギアを探しているところです。
2011.10.10 08:31 | URL | 管理人 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://outsider1971.blog111.fc2.com/tb.php/136-abdd4a66

プロフィール

アウトサイダーFP6

Author:アウトサイダーFP6
ロードバイクにはまった九州男児サイクリストです。
スイーツや写真撮影目的のポタリングから乗鞍岳レースまで幅広く自転車を活用して日本中を駆け巡ります。

カテゴリー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム





インスタグラム

インスタグラムで投稿した写真です。。



各種ランキングに参加しています にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


ジオターゲティング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。