東京自転車ライフ トレーニング
Think Japan
Loading…

スポンサーサイト

Posted by アウトサイダーFP6 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倦怠期

Posted by アウトサイダーFP6 on 26.2012 トレーニング   4 comments   0 trackback
さて、今年出る予定の大会も消化した。

乗鞍で燃え尽き症候群ぽいのにかかった感が否めない。

先日の英彦山もグルペットで走ったようなもんだったし。
(ちょっぴり反省している。。)

これからは大会が毎週続くような感じで開催されるが、どれもエントリーしていない。

とりあえずレース装備を外して練習装備に戻そうかな。

クランクをノーマルにしてタイヤも練習タイヤに履き替えて、出直しを図る。


今までは新しい装備がモチベーションをあげる要因だった感は否めないと思う。

だが以前宣言したように、今年はポチらない。壊れない限りは。

ロードバイクをやめて行く人の気持ちがほんの少しわかりかけた気がする。

でも、もちろん止めませんけどね。


新しい練習コースも開拓したい。

もっと強度を上げなくてはいけないな。。絶対的にパワーが足りないと感じている。

それ以上にモチベーションをあげなくてはいけない。

ポチるか?

いや、ダメだダメだw

無理やり練習しても続かないだろうから、撮影ポタを多く企画して距離を稼ごうかなと思っている。


とにかく乗る。ペダルを回そう。


スポンサーサイト

カーボローディング

Posted by アウトサイダーFP6 on 15.2012 トレーニング   0 comments   0 trackback
カーボローディング


とやらを実施してみようかと思う。

簡単に言えば、

本番の1週間前(19日)から4日前(22日)までは、運動量を増やして、食事はたんぱく質を中心に取る。

前日までは、運動量を減らして、食事は炭水化物中心にとる。

こんな感じでいいみたい。

食事はパスタかな。。パンとパスタとサラダで3日間を乗り切ろう。

鉄分も取るといいらしい。

ほうれん草のおひたし、あさりのパスタとかにしてみよう。。


カーボローディングが成功したかどうかは、太ったか?で判別が出来るみたいだ。

蓄積されたグリコーゲン1gには約3gの水分が結合する。
300~400gのグリコーゲンを普段より身体に多く貯めこむとなると、
900~1200gの水を含め、体重はおよそ1200~1600g増加することになります。

体重が増えても、グリコーゲンが蓄積された方がパフォーマンスにはメリットが大きいとの事。

グリコーゲンを枯渇させて、大量に摂取してリバウンドさせればいいらしい。

うまく、リバウンドさせられるか?

これが成功の鍵と言えそうだ。

p20120408-142509_20120815211855.jpg

体幹トレ中間報告

Posted by アウトサイダーFP6 on 06.2012 トレーニング   2 comments   1 trackback
最近、少し腹が出てきた。

と言っても、あながちネガティブな話ではない。

下腹ではない。
上の方。

トレーニングの成果が出てきたのだ。

体幹トレーニングを始めて、ようやく見た目で感じられるようになった。

まだ、走りの上で速くなったという感覚はもっていないが、ペダルに力を乗せやすくなってきている感覚はある。

また、手放し運転も楽勝で出来るようになった。


体幹を太くすると、外側の筋肉、腹でいうと腹直筋とかが押し出されるような形で前に出てくる。

そのため、お腹がでてくるみたいなのだ。

まぁ、腹直筋も多少鍛えているので相乗効果というか両方の厚みが増したという方が正確かもしれません。


今までは勘違いをしていて、体幹を鍛えるとブルース・リーみたいな体になるかと思っていたが、ああいう風にはならないんですね。

プロの自転車レーサーの体形をみても、そんな人は一人もいないのだ。

前から見ると細いけど、横から見ると太い。これが自転車レーサーの体型らしい。

アウターマッスルは必要最低限で、インナーマッスルを鍛える。


ちなみに体幹トレーニングはこの本を見てやっています。
DSC_2093.jpg

この本の中で必要と思うトレーニングを抜粋してやっています。

腕立て伏せとか腹筋とかは一切していません。


気をつけたいのは、筋トレ自体が目的ではないことである。

筋トレ自体を目的にしてしまうと行き着く先は、ゴリマッチョ体形である。

そんな体にしてしまったら、ヒルクライムなんて出来ない。



今後も、広背筋とインナーマッスルを中心に鍛えていきたい。

どんな体型になるのかな??

でも、どんな体型でもそれが走りにつながらないなら、ただの重りにしかならない。


そのことは常に頭に入れておくつもりである。

疲労期

Posted by アウトサイダーFP6 on 11.2012 トレーニング   4 comments   0 trackback
ここのところキツイ。

仕事がキツイのが原因だが、帰ってからの室内トレーニングや休みの日のライドも負荷は低め。

ついでにブログの更新もおろそかw


でも、悪くは捉えていない。

練習を続けていると疲労期というのが訪れるそうだ。

冬からのトレーニングの成果の一つとして、この疲労期をとらえたいと思う。

でも、長く休んではせっかくのトレーニングがムダになる。

徐々にペースをあげていこう。


次の大会まで2ヶ月。のんびりしていてはやばい。


ただ、モチベーションを飛躍的にあげる何かが欲しい。

何かがだ。


64716_244296358993105_226824047407003_534296_1028933122_n.jpg

(それが、コレかいなw)


体幹トレーニングへの誘い

Posted by アウトサイダーFP6 on 26.2011 トレーニング   2 comments   0 trackback
体幹トレーニングの始まり

きっかけは、この間参加したグランフォンド八ヶ岳での一場面である。
走っていたら、後ろから来た人に挨拶をされる。
こちらも挨拶を返す。

ふとバイクを見るとピナレロのドグマ。。
同じメーカーのバイクだから声をかけてくれたのかな。

追い越し際に、その方が一言「腰が動いていますね。サドルが少し高いかもね。」

と言って、去っていった。
いつもなら、ギアをあげて追いかけるところだが、スローパンク状態ではいかんともしがたい。
「見逃してやろう」
(何で、追いかけるねんw)

確かにサドルが少し高いかも知れないが、腰がゆれているのはそれだけではあるまい。
サドルを少し下げたのだが、それだけでは改善は完全にはされないだろうというのは自覚している。

腰が揺れているのは、体幹の筋肉が弱いからだ。
ヤビツで握力の弱さを痛感して、筋力アップに励んできた甲斐がありダンシング時に手の感覚がなくなるような事態はない。
乗鞍でも手は大丈夫だった。
次に鍛えるのは体幹との気持ちはあった。

ちなみに、筋力を鍛えるには大きく二つの考え方がある。
そのスポーツをやって必要な筋肉を鍛えるやり方と、その筋肉を鍛えるために特別な練習をするやり方。

自分は後者派。
そういえば、この間の世界体操での解説でこんなことを言っていた。
銅メダルをとった山室選手は、めずらしく体操の練習で必要な筋肉を鍛えるそうだ。筋トレしないとのこと。
先ほどの二通りの前者のタイプらしい。
ということは金メダルの内村選手は後者。

内村選手の方が成績が良いから、前者は間違いで後者は正解。

こういう考え方には大反対だ。
その道の一番の選手の練習方法やフォームが全ての人に正しく当てはまるとは思えない。
確かに説得力はある。
世界選手権3連覇の前人未踏の大記録の持ち主である。
たまたま自分が実践していいと感じたのが、同じだっただけ。

それにしても内村選手。同じ人間とは思えない。
何であんな事出来るんだろう??


というわけで体幹トレーニングの本をあさる。
体幹といえば、サッカーの長友が思い浮かぶので、カレの本を見てみる。
nagatomo.jpg

が、それほどでもないな。
この程度ならネットでも紹介している。
多分、本人が全面的に監修しているわけではないのだろう。

で、本は買わずにネットで読んだ訓練方法を試して行こうかなと思ってます。

週に2,3回のペースで8月まで続けます。

効果が体感出来たら報告します。

ローラー台トレーニング

Posted by アウトサイダーFP6 on 12.2011 トレーニング   4 comments   0 trackback
ローラー台トレ

夜撮れの変わりに、夜はローラー台のトレーニング開始。
タイヤもローラー台専用タイヤを装着。
コンチネンタルのタイヤ、はめるのに相当苦労する代物です。
ホイール、スプロケットもローラー台専用なので、ホイール交換するだけでOKなので、ローラー台使う方には、専用ホイールを持つことを勧めます。
ちなみにホイールはヤフオクで落としたシマノのWH-R500。
確か5000円以下だったと思う。
DSC01190.jpg

で、ツール・ド・フランスを見ながら漕いでます。
DSC01191.jpg
今年のツールは落車が多い。
だがステージに変化があって面白いのは確か。ド平坦コースが少ないのはうれしい限り。
このままの展開だとコンタドールの連覇はキビシイだろうね。
不運にも見舞われているが、いつものキレがないように見える。ジロの疲労が取れてないかな?
アンディはコンタ以外は眼中にないかのようにベタマーク。
今年はアンディ勝てそうな気がする。兄のフランク次第の気がしないでもないが。。
落車でリタイヤだけは勘弁してくれよ、お兄ちゃん。

ローラー台漕いだのだが、暑い…。
扇風機が欲しいなぁ~。
(うち、無いんですw)
でも乗鞍対策として暑さにも慣れなくてはならないので、エアコンは使わないでおこう。

朝練も開始せねばならん。
朝練は実走の予定。

で、トレーニング後のスイーツにかき氷。
DSC01193.jpg
(かき氷って、スイーツなのかw?)

ま、そんな感じでトレーニングやっとります。

  

プロフィール

アウトサイダーFP6

Author:アウトサイダーFP6
ロードバイクにはまった九州男児サイクリストです。
スイーツや写真撮影目的のポタリングから乗鞍岳レースまで幅広く自転車を活用して日本中を駆け巡ります。

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム





インスタグラム

インスタグラムで投稿した写真です。。



各種ランキングに参加しています にほんブログ村 自転車ブログへ
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


ジオターゲティング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。